メタボの危険性

メタボリックシンドロームという言葉が定着して久しくなりました。しかしメタボリックシンドロームという言葉を知ってはいてもちゃんと説明できる人は少ないのではないでしょうか。そもそもメタボとは何なのでしょう。メタボを日本語に直すと「内臓脂肪症候群」。つまり内臓の周りに脂肪が溜まっている状態です。何故メタボ状態が問題視されるのか。

それは近年問題になっている糖尿病や高血圧、動脈硬化には内臓脂肪の蓄積量が大きく関わっているとされるからです。内臓脂肪からは高血圧や高血糖を誘発するホルモンが分泌されます。これに悪い生活習慣が加わり、危険な病気へと繋がりやすくなります。メタボの診断基準で最も有名なものがウエスト周囲径。男性85センチ、女性90センチが基準の一つとなっています。ここで「何故男性の方が基準が厳しいのか?」と思う方もいらっしゃるかと思います。

これは男性の方が体質的に内臓脂肪が溜まりやすいからだとされています。実際はウエスト周囲径に加え、喫煙歴や血圧、血糖値などが診断基準に加えられています。基準をいくつか満たすと、メタボリックシンドローム、つまり生活習慣病のリスクが高い状態にあるといえます。生活習慣病は一度罹ると完治が難しく、予防が肝心です。メタボがよく取り上げられるようになった理由としては、早期発見・早期治療から、早期予防へと医療の在り方が変化してきた事が挙げられます。

まずはメタボにならない事、そしてメタボの診断が下ったからと言って、悲観しない事が大切です。勿論メタボであり続けるとそれだけ生活習慣病のリスクは高まりますが、生活習慣を改善することによって、病気を回避する事は十分可能です。最近ではメタボ予防を掲げる病院も増えてきました。自力での改善に不安を持つのであれば専門家に相談するのも手です。治療の時に理解しておきたい事はメタボ治療に必要な事は適切な食事と運動であるという事。早急な改善を求めるのではなく、生活を根本から見直す事を目指しましょう。