メタボの診断基準

肥満には皮膚の下に脂肪がつく皮下脂肪型肥満と、内臓の周りに脂肪がつく内蔵脂肪型肥満があります。両者の中で特に健康に害があるのが内臓脂肪型肥満です。内臓の周りにつく脂肪細胞からは動脈硬化などを促進させる生理生活物質が分泌されます。そのため内臓脂肪が多いと糖尿病や高血圧などの生活習慣病になりやすくなります。

皮下脂肪型肥満か内臓脂肪型肥満かを見分ける方法としては、腹囲を見る方法があります。男性でウエスト周囲が85センチ以上、女性でウエスト周囲が90センチ以上の人は内臓脂肪型肥満の可能性が高くなります。内蔵型肥満の中で血清脂質異常、高血圧、高血糖の中の2つ以上がある場合を、メタボリックシンドロームといいます。

脂質異常は血液の中の脂肪分が多い状態で、中性脂肪が150以上、またはHDLコレステロールが40未満の事をさします。心臓が血液を送り出すときに収縮するため、血管にかかる圧力が高くなりますが、この血圧高値の時の値が130以上あると高血圧となり、血管に常に負担をかけることになります。高血糖は空腹時に血液中に含まれる糖の量が110以上ある事をいいます。高血糖が続くと血管が固くなったり狭くなったりしてつまりやすくなり、血栓が出来やすくなります。

メタボリックシンドロームは生活を見直す事で改善する事ができます。内臓脂肪がたまりやすい人はカロリーの多いものを食べる、食事時間が長い、間食が多い、運動をしないなどの特徴があります。野菜を多く食べるようにしたり、間食や夜食を食べないなど、規則正しい食生活をおくることで防ぐ事ができるようになります。また日常生活の中でなるべく運動量を増やすようにすると、脂肪を減らす事ができます。

近いところなら歩くようにしたり、エレベーターを使わず階段を使うだけでも違います。特に有酸素運動は内臓脂肪を減らすのに有効です。またウエスト周囲や体重を定期的に測って、自分の状態を知ることが健康維持につながります。